おしゃべり日誌
おしゃべり日誌一覧
人生を変えるきっかけは、学校へ行かないこと? admin 
2018-12-17 14:54:28 

『学校は行かなくてもいい』

 

・行かなくていいわけないでしょ

・行かなくていいなら行きたくない

・行かなかったとして、人生はどうしたらいいんだ?


それぞれに、新しい視点をくれる書籍です。

 

ーーーー

  

僕(小幡和輝)は自分に人並み外れた行動力があるとは思っていません。


その時々で夢中になれるものをみつけることができただけです。

それがゲームであり、イベントだったということ。


そして、これまでの人生でいくつか選択をしてきた中に、

「学校に行かない」という選択肢もあったということです。


「人生を変えるきっかけ」の中には、

もしかすると「学校へ行かないこと」だって含まれるかもしれない。良い意味で。


保護者の皆さんや学校の先生方は、

「学校に行かない」ことを「逃げている」と感じるんじゃないかと思います。

そこには「卑怯だ」という感情が含まれると思うけれど、僕はそうじゃないと思っています。


誰もがなんの疑問もなく行っている学校に、自らの意思で行かないということは、

ものすごくエネルギーが必要なことだからです。


本当はちゃんと自分の気持ちを伝えたいし、わかってもらいたいけど、

まだ子どもだからうまく伝えられないし、

自分の心の中にあるものを言葉にすることも上手にはできません。


だから逃げるしかない。


でも、それは卑怯なことじゃない。


逃げるのにだって勇気がいる。

そのことを少しでもわかってあげてほしいと思います。

むしろ、「逃げる」という言葉を肯定的に捉えてもらえたらと思います。


「学校に行かない」という選択をした僕が、

「もし学校に行かないのであれば、これはやっておいたほうがいい」

ということなどをまとめてみました。

いわば「正しい不登校のやり方」です。




『学校は行かなくてもいいーー親子で読みたい正しい不登校のやり方』 小幡和輝/著

健康ジャーナル社 1200円+税


購入はコチラから

http://amzn.asia/d/iEvBPH8