おしゃべり日誌
おしゃべり日誌一覧
【豆知識】断食って本当に身体にいいの? admin 
2016-06-29 16:07:09 


断食を勧める健康法がありますね。

ダイエット、体に蓄積された毒素を抜く(デトックス)、

ホルモンのバランスを整えることなどを目的とするものです。


断食すると体力にたくわえられているグリコーゲンや体脂肪などを使って

エネルギーが作られるため、

通常は食べ物の消化吸収などに多く使われエチル代謝機能が、

生命維持のために使われるようになります。


人間本来の生命力を回帰する方向へと向かうのです。これは良いことです。

 

しかし、腸内には善玉菌のエサがなくなり悪玉菌のエサばかりとなるため、

悪玉菌優勢の状態となってアンモニアや硫化物などの有害物質が

異常発生するそうです。

さらに大きな問題なのは、断食後の胃や腸の機能回復です。


腸の細胞は、糖質やタンパク質などの栄養分のとり方によって、

数日のあいだに化吸収能の異なる細胞へと変化します。


外から栄養分をとらなければ、腸の消化吸収能は退化するのです。

数日後には通常の食事から栄養分をほとんど処理できない腸へと変わってしまうのでです。


もしこのような状態で通常の栄養分を接種すると、消化不良による下痢のほか、

腸細胞を傷つけてさまざまな炎症性の疾患を起こすことになります。

自己判断による安易な断食は行わない方が無難です。

 

 


『脱認知症宣言』後藤日出夫/著

健康ジャーナル社 1,400円+税


購入はコチラから